JTCA×JTF共同企画 翻訳関連無料セッション

Description
一般財団法人テクニカルコミュニケーター協会(JTCA)は製品やサービスの使用説明書をどう伝えるかというテクニカルコミュニケーションについての情報共有・情報交換のための一般財団法人です。このJTCAが主催する「TCシンポジウム」は今年で30年を迎えます。これを記念して、「一般社団法人日本翻訳連盟(JTF)」とコラボレーションした翻訳に関する無料のイベントを企画いたしました。
海外展開にあたり、多言語の品質評価にお悩みの方、いま話題の機械翻訳をどのように業務に取り入れるかお悩みの方は是非ご参加ください。

本イベントについての詳細は「JTCA×JTFコラボレーション企画」をご覧ください。
TCシンポジウム全体についてはこちらをご覧ください。


時間:10:15~12:15
「機械翻訳の活用と、生産性の向上~生産性を上げるために本当に必要なこと~」

ニューラルネットの登場で、日英間の機械翻訳の精度は格段に向上し、「使える」という感覚がユーザー側にも芽生えてきています。一方で、実際に活用しようとすると、様々な課題があることが分かってきています。
本パネルでは、機械翻訳の活用に舵を切った方々に一例を紹介いただき、有効活用ができるポイントと、できないポイントについて情報共有をいただきます。機械翻訳を活用するために本当に必要なものは何なのかについてディスカッションします。

司会      :黒田 聡 (情報システムエンジニアリング)
コーディネーター:安達 久博 (株式会社サン・フレア/ 日本翻訳連盟)
パネリスト   :梶木 正紀(MK 翻訳事務所)
         佐野 栄司(SAP ジャパン株式会社)        


時間:14:00~16:30
■多言語の品質評価~国際市場で勝ち抜くための効率的な検査と評価~

翻訳品質の評価については、これまでもその手法や重要性を議論する場が設けられてきましたが、多言語翻訳における品質評価については、これまであまり取り上げられていませんでした。
本パネルでは、日本翻訳連盟内で実施されている国際標準化や品質評価の委員会に関わる識者の意見を参考にしながら、制作会社や発注元の企業ではどのような評価が行われているのか、また行われるべきなのかについて、議論をします。

コーディネーター:森口 功造(株式会社川村インターナショナル/日本翻訳連盟)
パネリスト   :柴山 康太(Venga Global)
         西野 竜太郎(合同会社グローバリゼーションデザイン研究所/日本翻訳連盟)
         古河 師武(YAMAGATA INTEC株式会社)

(主催・共催)

一般財団法人テクニカルコミュニケーター協会(JTCA)
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#359498 2018-08-07 07:55:29
More updates
Mon Aug 27, 2018
10:00 AM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
入場券
Venue Address
小金井市 貫井北町4丁目1−1 Japan
Organizer
一般財団法人テクニカルコミュニケータ―協会
64 Followers